【エンジニアブログ】必見!~Oracleデータベースの知識を身につけるなら是非みてほしい、おすすめの書籍3冊~

はじめに

SIerとしてデータベースの移行プロジェクトに携わる上で、その特徴・技術的な側面を知識として理解することは非常に重要です。しかし、さまざまな書籍が発行され、インターネットにも情報が溢れる中、知識をしっかり身につけたいという中でもどのような書籍を選ぶべきか迷ってしまうことがよくあると思います。

 

私自身、昨年データベースの移行プロジェクトを担当し、新卒の方と一緒にお仕事する中で、私が今までに経験したことを伝えるということは出来たのですが、その際改めてデータベースに関する知識をしっかり身に付ける為には本を読み体系的に知識を身につけることもとても重要だと感じています。

 

そこで本ブログでは、Oracleデータベースにて昨年度グループ企業の基幹システム移行を行なった私が実際に読み、役に立った・知識習得に最適だと感じたおすすめの本3つを紹介させていただきます。

ある程度データベースに携わられてきた方の中で、特にOracle関連の知識をしっかり身に付けたいという方の参考になれば嬉しいです。

 

自己紹介

無題

服部 知幸
これまでデータベースSEとして5社でキャリアを重ね、2020年4月にパーソルプロセス&テクノロジーに中途入社し、グループ会社であるパーソルテンプスタッフの基幹システムのデータベースの保守・運用を担当しております。
昨年度はデータベースのバージョンアップ(移行)作業を担当し、現在はデータベースの安定稼働を目標に日々バタバタしている毎日を過ごしております。

こちらは上司の富永さんとのインタビュー記事です。
良かったらご覧ください。


おすすめの本1


「マスタリングOracle DBA (DB press)」

読みやすさ:★★★★★
知識の網羅性:★★★☆☆
実務への活かしやすさ:★★☆☆☆


この本はこれからOracleデータベースをやってみようという方に是非読んでもらいたい初心者向けの本です。私自身、Oracleデータベースを業務で担当するようになった10年以上も前に先輩から勧められて読んだ本になります。

会社に入ったばかりの1年目の方でもとても読みやすくOracleデータベースというのはどういうものなのかというのがとてもわかりやすく書かれています。
データベースは難しいものというのが固定観念である方が多いと思いますが、この書籍は難しいことを簡単な言葉を使って丁寧に表現してくれているので、一番最初にこの本を読むとデータベースをもっと勉強しようという気になります。

これから業務で担当するという方や、独学で勉強しようと思っていて基礎を身に付けたいという方にはとても良い本だと思いますので、是非読んでみていただきたいと思います。

ちなみに私が購入した本は色んな方を転々として、最終的には前職の新人君がとても気に入ってくれたので退社する時に餞別にプレゼントしたため私の手元にはありません。
Amazonなどのランキングでは下位のため、みなさんノーマークだと思うのですがとても丁寧に書かれていて入門用としてはおすすめの一冊です。


おすすめの本2

「プロとしてのOracle運用管理入門」

読みやすさ:★★★★☆
知識の網羅性:★★★☆☆
実務への活かしやすさ:★★★★★


こちらはおすすめ1の本を読んでから読んでいただくとデータベースへの理解が深まる中級者向けの本になっています。
そして、データベース移行というよりは保守寄りの内容となります。私の現在の担当業務が保守・運用ですのでぴったりです。

データベースは動いていて当たり前と思われる中ですが、実際、保守ではどのようなことをしないといけないのかがとても分かりやすく書かれています。

言い過ぎかもしれませんが、この本に書いてあることを順番にやっていくだけで、パフォーマンスもそうですが、セキュリティ面でもかなり質の高いデータベース運用が出来ると思います。


おすすめの本3

「絵で見てわかるシステム構築のためのOracle設計」

読みやすさ:★★☆☆☆
知識の網羅性:★★★★☆
実務への活かしやすさ:★★★★★

これは、自己紹介にも書きましたデータベースの移行作業をする際に、私自身がこれまでの自分のやり方にとらわれず第三者の意見を取り込みたいという目的で購入した本で、上級者向けの内容になります。

一言でデータベースの移行と言っても、何をしなければならないか、何から始めるべきかという定義はあまり定められておらず、過去のプロジェクトで実施したことや我流でやるという方が殆どだと思いますが、この本ではデータベースを新たに構築する前に検討しなければいけないこと、検討した方が良いことがたくさん書いてあります。

より効率よく円滑に移行を進められたい方、必見です。 


おわりに

データベースは難しいという印象を持たれている方はたくさんいるかと思いますが、概念がわかってくるととても面白いものですし、難しい分やりがいがあります。
日本のマーケットにデータベースエンジニアが少ない分、出来るようになるととても頼りにされますし、今データベースに携わっている方も今後携わりたいと感じていらっしゃる方も、少しでも興味をお持ちの方は是非読んでいただければと思います。


最後までご覧いただきありがとうございました。

 

●●●

 

弊社のTechコミュニティにご登録頂いた方には、今後もこのようなブログの情報や、イベント開催情報をいち早くお届けいたします。SNSをフォローする感覚でお気軽にご参加ください。

https://crm.hito-link.jp/app/entry/ppt/saiyo

 

 また、下記の記事ではガイドマップのように過去の記事をまとめております。ぜひ他の記事も読んでみてください!