【エンジニアブログ】国内有数の日本Microsoft社パートナー企業が語る、Power Automateによる業務効率化の最前線(前編)

はじめに

みなさん、Power Automateというサービスをご存知でしょうか? Microsoft社が提供するサービスの1つで、従来OfficeやOutlook、Teamsなどを用いて手作業で行ってきた業務を自動化したり、ローコードでアプリケーションを開発したりできる、といった文脈で注目を受けています。

今回は、「マイクロソフトGoldコンピテンシー パートナー」として10年以上にわたり国内トップクラスの導入実績・ノウハウを持つパーソルプロセス&テクノロジー(以下パーソルP&T)において、私たちが普段どのような仕事をしているのか、そしてこのPower Automateを活用してどのような改善の取り組みをしているかをお話したいと思います。

自己紹介

画像1

藤谷 瑞樹
パーソルP&T システムソリューション事業部 グループソリューション統括部 リクルートメントソリューション部にて、メンバーの教育施策の企画推進、プロジェクトのアーキ系課題の解決フォロー、プロジェクトの生産性向上のためのツール導入などに取り組んでいます。
ブルデューバシュラールアナール学派、近世・近代の文化や教養に興味のあるIT技術者です。

私たちのお仕事

私の所属部署では、グループ会社のシステムの保守開発を行っています。具体的には、パーソルキャリアの運営する転職支援サービス「doda」関連のシステム開発や保守を担当している部署です。

こういうとちょっと地味・・・という印象をお持ちの方もいらっしゃるかと思いますが、顧客がIT投資にとても積極的なため、結果的に私たちの利用技術は多種多様、そして保守開発を行う私たちの組織規模も拡大の一途にあります。

 技術面でいうと、基盤は従来のオンプレからクラウドへと急速に移行中で、コンテナ利用もあります。アプリは王道のJavaJavaScriptのほか、C#、TypeScript、Pythonを活用。アーキテクチャとしては昔ながらのWebMVCもありますが、クライアントサイドMVC(SPA)が目下急増中、そしてスマホアプリも・・・。求められるスキルは多種多様で、挑戦の機会は多くあります。

ところで、逆説的に聞こえるかもしれませんが、システムを保守したり開発したりする上で重要なのは「ひと」です。システムを作るのにも、動かすのにもひとが必要です。顧客のサービスが増え、それを支えるシステムも増えると、当然、人員も増えてきます。

その中には、JavaC#を武器に従来型のWebMVCモデルやASP.NETのシステムを扱う部隊もいれば、TypeScriptを武器にクライアントサイドMVC(SPA)モデルのシステムを扱う部隊もいる。VMwareやBIG-IP、ZabbixやAWSを専門とする部隊も、AWSやSFDC、Talendを活用してBI基盤を提供する部隊もいる。自分たちとお客さまを合わせると相当な大所帯です。

すると、それに付随して課題もいろいろと出てきます:

・業務をする上で必要なルールやナレッジの増加
・そうしたルールやナレッジの明文化、明瞭化の要請
・それらの陳腐化の加速
・間接業務の量や煩雑さの増加
などなど

こうした課題の解決方法の1つとして、業務の自動化が企図されました。業務を自動化すれば、人間が知らなくてはならない事項(ナレッジ)、守らなくてはならない事項(ルール)は減ります。もちろん自動化により生産性(速度)や品質(正確さ)も向上します。
この自動化を進めるにあたり活用しているのがPower Automateです。

あらためて、Power Automateとは?

Microsoft社が提供するPower Platformを構成するサービスの1つです。業務の自動化・ローコード開発を実現するためのツールで、業務の自動化や半自動化に有効です。元々Flowという名称でしたが、改名されました。

いわゆるRPAと言われるような業務を自動化するツールは他社でも提供されていますが、他社製品と比べたときの特徴としては下記が挙げられます:

Microsoft 365(Office 365)に統合されており、同プラットフォームで提供されている各種サービス同士をつなぐ役割を果たす
・ デスクトップアプリの操作を自動化するための製品ではない(当該用途にはPower Automate Desktopという別製品がある)
・バルク処理は苦手(バッチ処理目的のサービスではない)
エンタープライズ用途を意識した統制機能を持つ
・利用にはJSONについての理解と、Excelで式を駆使できる程度の知識が必要
 などなど

画面の見た目はこのような感じです:

画像2


パーソルグループでは元々ほとんどの社員がMicrosoft 365 E3ライセンスを利用できる状態で、2021年はじめにはPower Automateも利用可能になりました。先日玉城さんがTeams活用術を紹介されていましたが、Power AutomateはこのTeamsとの連携もお手の物です。
このような背景があって、私たちの組織では自動化のツールとしてPower Automateを採用しました。

どんなときに使える?

一般的には、例えば次のようなケースでPower Automateを活用できます:

・依頼(申請)内容の抜け漏れなくしたい
・承認フロー(○○申請~○○承認~○○実施)の逸脱や対応漏れをなくしたい
・毎週○曜日にお決まりのタスクをさせたい
・依頼(申請)をきっかけにお決まりのタスクをさせたい
・作業の成果をTeamsやSharePointに自動で反映させたい
・Teams、SharePoint、Forms、Excel等の機能を協調させて利用したい

 

前述の通り、「知らなくてはならない事項(ナレッジ)や守らなくてはならない事項(ルール)」を習熟していない方でも業務を実施できるようになりますし、定期的な業務を自動化することにより生産性(速度)や品質(正確さ)の向上までを狙えます。

 

次回は、もう少し具体的な例として、私たちが業務の自動化のために構築している(運用中+企画中)のものをご紹介させてもらおうと考えています。

 

●●●

 

今回のエンジニアブログはここまで。後編もお楽しみに!

パーソルP&Tにご興味を持っていただけた方に、イベント開催情報やブログの更新情報をお届けいたします。今すぐの転職は考えていなくても少しでも興味をお持ちいただいた方は、SNSをフォローする感覚でご参加いただければと思います。

下記の記事ではガイドマップのように過去の記事をまとめております。ぜひ他の記事も読んでみてください!

 

【エンジニアブログ】 海外のITエンジニアと働く!!意外とできていない?グローバルチームで成果を出す3つのポイント

見出し画像

こんにちは、パーソルプロセス&テクノロジーの川口です。

最近、コンビニやレストランで働いている外国人の方が本当に増えてきましたね。エンジニアとして働く皆様の周りでも、海外のITエンジニアやお客様と一緒に働く機会が増えてきているのではないでしょうか? 

今回は、2017年からグローバルチームで活動を行なってきたこれまでの自分の経験をもとに、 『海外ITエンジニアと一緒に働き、グローバルチームとして成果を出す』 うえでの「コツ」を紹介します。

【読者ターゲット】

- これから海外のITエンジニアと一緒に働く、もしくは働きたいと考えている方
- 現在海外のITエンジニアと既に働いており、もっとうまく進めたい方

【自己紹介】

画像1

川口 賢
パーソルプロセス&テクノロジー株式会社 システムソリューション事業部 Global Bridge部のプラットフォームソリューショングループに所属。
2006年8月中途入社後、パーソルグループ全体のIT環境を設計・構築する案件のプロジェクトマネージャなどを担当。
初めて海外案件を担当したのは2017年1月、シンガポールを中心としたアジア12ヵ国に事業を展開する顧客のリージョナルITチームを立ち上げるプロジェクトに参画し、各国に散らばったIT環境の統合・最適化をサポート。
2018年3月には、ベトナムでITインフラチームを新規に立ち上げ、現在は1つのグローバルチームとして顧客へITサービスを提供中。

【重要ポイント】

みなさんは、海外のITエンジニアと一緒に働くときに一番重要なことは何だと思いますか?
私の答えは・・・ズバリ、「共感力」です!!!

画像2

もちろん言語能力も重要ですが、IT用語のベースは大半が英語なので、しっかり日本で技術・経験を身に着けていればあとは気合いと度胸でなんとでもなります。それよりも異文化で活きてくるのは、共感力、すなわち人の気持ちを汲んで寄り添う事ができる力です。

今回は私の経験をふまえて、グローバルチームとして成果をだすまでに必要な3つのポイント(ステップ)を紹介します。それは・・・

① 相手の国とチームを理解する
② 一人の信頼を勝ち取る
③ ゴールを一緒に考える

です!以下、私が大切だと思うことについてまとめました、それぞれ詳細を見ていきましょう。

【①相手の国とチームを理解する】

国が違えば、習慣も価値観も違います。日本では当たり前の事でも、海外ではドン引きされる事もあります。例えば・・・

シンガポールではガムNG!(国内に持ち込んだだけでなんと罰金!)
中国では料理を完食しないことがマナー!(足りないからもっと欲しい、と受け取られます。一方、残しすぎても「口に合わなかった」ということに…)
などなど。みなさん、ご存知でしたか?

画像3

まずは、相手の国の基礎情報や特徴を調べて、一般的に大切にしている事や、失礼にあたる事を把握しましょう!!!日本とのギャップを事前に理解し、相手に合わせて行動するだけで、お互いの距離をぐっと縮める事ができます。

次に一緒に働く同僚・上司の大切にしている事や、強み・弱み、現在チームが抱えている課題を把握しましょう!!!グローバルメンバーとの共同作業に早期にキャッチアップできるか否かを決める鍵は「インプット量」です。だからこそ、自分からミーティングに同席したいとお願いしたり、既存資料・メールを共有してもらったりするなど、積極的に働きかけてなるべく多くの情報を収集しましょう。

さらに、時には休憩時間や業務終了後に、同じ時間を過ごすことも重要です。言語の壁で気まずい思いをするかもしれませんが、せっかくのチャンスを逃してしまわないように、笑顔で楽しんでください。

このような行動を通して「相手を理解する」事により、はじめて相手の立場になって、その人の状況を考えられるようになります。今後あなたが共感力を発揮していくための第一歩です。

【② 一人の信頼を勝ち取る】

画像4

初めて海外エンジニアと一緒に働く場合、いきなり多くの人と関係性を築くことは非常に難しいと思います。ある程度周りが見えてきたら、まずは自分が一番大切にすべきキーパーソンが誰なのかを明確に定め、その人とのコミュニケーションを最優先にしましょう!!!まずはその一人を深く知り、何を考えているか、どのような気持ちかを理解し、それに徹底的に寄り添うことが重要です。

夫婦や友人でも、ずっと一緒に時間を共にすることで、多くを語らずとも、何を考えているかわかるようになりますよね。海外ITエンジニアと一緒に働くときも同じです。

自分の英語に自信が無くとも、あきらめずにコミュニケーションを続ける事で、相手への共感が深まり、徐々にお互いが考えている事が分かるようになっていきます。

一人の信頼を勝ち取る事ができれば、そこから輪を広げるのは簡単です。きっとあなたの強い味方になってくれることでしょう。

【③ ゴールを一緒に考える】

画像5

自分がチームのために何ができるのかを考えてみましょう!!!

自分自身がこれまでに培った経験・知識から単体で生み出せる成果だけではなく、同僚・上司・チーム全体の得意とすることや目指している姿を意識することが重要です。すなわち、グローバルチームのメンバー一人ひとりの気持ちに寄り添い、深く共感しつつ、そのベクトルとプロジェクトの方向性がどのように一致するか、どうすれば一緒に成長できるかを考え、自分の言葉で発信・行動していくということです。それを積み重ねることで、周りに強い影響を与えることができるようになっていきます。

グローバルチームで共同作業を行う場合、特に実作業レベルに目を向けると、よく 「自分が思っていた成果物がでてこない」、もしくは「自分が作成した成果物が活用されない」という話を耳にします。このようなケースの多くは、ゴールがずれている事が原因で発生します。

まずは要件に対して、自分達が到達すべきゴール(達成条件・成果物イメージ)と、それに辿り着くまでのプロセス(工程・進め方)を明確にしましょう!!!

上記は、あなたがメンバーのポジションだったとしても変わりません。自分の理解を整理し、リーダとの間にギャップがないか確認して下さい。国によって、仕事のスタイルや経験している領域も異なるため、ゴールやプロセスについては十分な認識合わせ&議論が必要です。相手の意見に耳を傾け、受け入れる事も重要となります。

最初は時間がかかりますが、みんなで「ゴールを一緒に考える」事を繰り返していくことで、1つのグローバルチームとして最大限のパフォーマンスを引き出せるようになっていきます。

【最後に】

今回は、海外エンジニアと同じチームで働くことに焦点をあてましたが、いかがでしたでしょうか?

繰り返しになりますが、最も重要な事は、「共感力」です。どの国のITエンジニアと働く場合でも、相手を理解し、信頼を勝ち取り、ゴールを一緒に考えていく事で、必ずグローバルチームとして成果が出せるようになっていきます。

画像6

本内容が少しでも読者の方々の役に立ち、はたらくことを楽しめる手助けになれば幸いです。

●●●

記事を最後までご覧頂きありがとうございました!


パーソルP&Tにご興味を持っていただけた方に、イベント開催情報やブログの更新情報をお届けいたします。今すぐの転職は考えていなくても少しでも興味をお持ちいただいた方は、SNSをフォローする感覚でご参加いただければと思います。

下記の記事ではガイドマップのように過去の記事をまとめております。
ぜひ他の記事も読んでみてください!

note.com

【エンジニアブログ】オープンソースソフトウェアを利用したデジタルなワークスペースを作ろう

はじめに

こんにちは、パーソルプロセス&テクノロジー システムソリューション事業部 アーキテクト職の佐藤です。

画像1


前回、datadogの記事を書かせて頂きました。

▲こちらの記事もぜひご一読ください!

新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、リモートワークをされている方もたくさんいらっしゃると思いますが、
私の部署でもほぼ全員がフルリモートで新しい働き方を実践しています。

世の中では新しい働き方として、
- 働く場所
- 働く時間
- 雇用形態

なんてものを目にします。

1エンジニアとしては物理的な制約を取り払うだけでなく、
dockerを使って開発環境を即整備して終わったら捨てる、クラウドIDEを使う……など「PC環境すら問わず働いていければいいなー」と考えています。

とは言え、制度やセキュリティの観点でまだまだ整備が進んでいない部分もあるので、即実践とはいかないのが悲しいところです。

さて今回は、新しい働き方の選択肢として、

オープンソースソフトウェア(以降、OSS)を利用したデジタルなワークスペースを作ろう」

というタイトルで、私のチームで構築しようとしているOSSをご紹介します。

エンジニアの方であれば日頃からライブラリやフレームワークRDBMSなどでOSSを活用されて馴染みがあるかと思いますが、今回はその中でもWEBアプリとして即利用可能なものを対象としています。

インストール手順は製品によって異なりますが、dockerイメージが用意されることもあり、「10分で構築して試して即廃棄」なんていう荒業もできるので、是非お試し頂きたいです 。

具体的な手順は、Qiitaなどに様々な方が執筆されていますのでそちらをご参照ください。


抱えている課題感

OSSの紹介をする前に語らせてください。

私が現在お仕事をさせて頂いているパーソルホールディングス グループデジタル変革推進本部には、エンジニアや企画、保守運用などの様々な職種の方が所属しています。

私たちはITを軸として、パーソルグループでバックオフィス業務を行っている社員に向けたサービスを提供しています。一方で、IT分野に関わる社員(エンジニア)にとっては十分に適切なサービスを提供できていないという面もあります。

具体的な製品名は控えますが、以下のような悩みを抱えています。

- オンラインストレージが重い&検索精度が非常に低く欲しいものが見つからない
- Excel/パワポで情報共有されるので、その場で保存しないと見つからない
- チャットツールのオマケのwikiに情報がまとまっているが、他チームのwikiが見れない、または分散していて見つからない
- チャットツールのスレッドで重要な連絡が来るが、新着メッセージに埋もれてしまう


上記を端的に表現すると、
以下のような課題があります。

- 情報が集約されていないことによる探す手間の発生
⮚ そもそも無い可能性すらあり、諦める
- 他チームが何をやっているのかわからない
⮚ リモートワークでより顕著になった

「ルールを定めて運用で回避すれば?」とも言われたりしますが、エンジニアとしては「テクノロジーを使って解決したい」と思いますよね?

前述の通り、私たちはパーソルグループの社員に向けたサービスを提供しています。
そんな私たちの役割はテクノロジーの力によってグループ全体の生産性を上げることです。

そこでOSSを使って「安く早く新しい働き方を実践してしまえばいいのだ!」というのが今回の記事の内容の出発点です。

目指すべきゴール

見えている範囲でのゴールは、下図のような業務毎のWEBアプリを構築して、最終的にシングルサインオン(SSO)する、というものです。

画像2

※上記の図では一部OSSを使わない部分があるため、必ずしも正しい配置とは限りません。

現在のプロダクト構想では、(どこまでできるかはまだわかりませんが……)以下のようなものを作ろうとしています。

- コラボレーションやナレッジ、ドキュメント作成ができる使いやすいwiki
- 目的別に絞り込み可能な連絡用掲示
- Scrumの管理ツール
- Scrum運営のコンディションを把握するためのBIツール
- 既存ドキュメントの検索精度を上げるためのクローラー全文検索エンジン


OSSプロダクト高層を実現する製品7選

ここからは、このOSSプロダクト構想を実現するために「どんなOSSを使っていくのか?」をご紹介させて頂きます。

⮚ GROWI

マークダウンで書けるwikiです。
draw.ioと連携してページ内に図形を埋めることや、マークダウンの表を簡単に書けるので、既存の文字を書き絵を貼るwikiとは違い設計書類をGROWIで作っていくという用途でも利用できます。

また、スクリプトCSSのカスタマイズ機能が付いているので、好みのデザイン/UIに変えることもできます。
プロダクトとしては実際にcss/javascriptを開発して、非エンジニアでも使いやすいUIに変更しています。


現在はあらゆるドキュメント類のWEB化を目指して、部内展開を進めているところです。
このブログも最初はマークダウンで書いていたので、原稿を渡された採用広報担当の浦野も困惑したことでしょう……


⮚ Exment

Excel代替として見つけたもので、製品として使いどころは多々あると思います。
ですが、非エンジニアが頑張ってテーブルを作るのはちょっと難しいかなという印象でした。
(公式サイトのどこかにテーブルデザインはエンジニアのサポートのようなことは見たので、設計思想通りではあると思います)

一方で、作成したテーブルに対して即座にAPIを公開する機能が実装されているため、
連絡用掲示板のAPIエンジンとして利用しようとしています。

SPA用のAPIの実装って割と大変だったりするので、
認証機能付きのAPIを簡単に設定できるのは魅力的です 。


⮚ Metabase

WEBベースのBIツールです。
セットアップ5分で既存のRDBと接続してグラフ化できます。

プロダクト構想としては、後述するOpenprojectのDBに直接接続して、各Scrumチームのベロシティを即グラフ化しようとしています。


実は一般的に普及しているようなBIツールをあまり触ったことがなく、あくまでイメージですが「使いこなすまでの学習コストとライセンスが高く、使いこなせずに終わる」という印象があります。

しかし、Metabaseはセットアップが簡単で機能も丁度いいので、失敗しても1時間未満のダメージで済むんです。
(使用感もとても簡単です)

わざわざCSVExcelでグラフ化している……というような業務であればMySQLとMetabseだけで簡単にグラフが作れるので非常にオススメです。


⮚ Openproject

既存タスク管理はbacklogを利用していたんですが、
Scrumでやりたいこととはマッチしないため、Openprojectを構築して各Scrumチームに利用してもらっています。

マッチしていない具体例として

・プロダクトバックログアイテム/スプリントバックログ等の区別に工夫が必要
・タスク分解する場合、孫タスクまで作成するには工夫が必要
・カンバンはあるが親課題/子課題が混ざる

など、現在のbacklogだけでScrum運営をすると創意工夫が必要になります。

私は利用していませんが、Scrum/アジャイル開発に特化して機能が作られているようなので皆さん重宝しているみたいです。

残念ながらOSS版は機能制限があるらしく、数値(ベロシティ)の集計やグラフ化も単独ではできないのが難点です。


⮚ Alfresco

ECM(Enterprise Contents Management)と呼ばれるもので、ドキュメントを管理するためのアプリです。

裏側にlibreOfficeが入っているので、既存ドキュメントをアップロードするとPDF化してプレビューを表示できたり、
ドキュメントに対してワークフローを設定できるので、ドキュメントレビューから承認までの一連の管理プロセスでも利用できると思います。

プロダクト構想としてはGROWIを軸に据えてのドキュメント管理も担わせたいので、
Alfrescoは連絡用掲示板のドキュメントプレビューAPIとして利用しようとしています。
(例:他部署から回ってきたパワポ掲示板からAPI経由でアップロードしてプレビューのみ表示)


⮚ Fess

「5分で簡単に構築可能な全文検索サーバー」と紹介されていますが、
既存のオンラインストレージをクローリングして検索精度をあげたいと考えています。

Excelパワポも内容まで取得できるのと、裏側がElasticsearchなので、
Fessが利用できるようになれば無駄に探す時間は減ると思います。

問題は、負荷が増えるのでファイルサーバーやオンラインストレージをクローリングさせてくれる望みが薄いことです。

どう頑張ってもファイルベースでのドキュメント管理からは脱却できないと思うので

・新しいドキュメントはGROWIの中に書く、
・レガシーなドキュメントは既存のまま、検索精度だけを圧倒的に向上させる

が目標です。


⮚ Keycloak

認証認可周りは私も知識が薄いので、詳しい説明は割愛させて頂きますが……
これまでご紹介させていただいたアプリ群をシングルサインオンさせるための重要な機構になります。

マイクロサービス的にプロダクトを構想しているので、
各サービスで同じID/PWを利用できるのは、UX観点で非常にプラスになると思います。
最終的にはkeycloakと会社ADを連携することで、全ての業務ツールを1つのID/PWで利用できることを目指しています。


機能全体は試せていませんが、REST APIでの認証も対応しているらしいので、
マイクロサービスの認証基盤としてOSSをそのまま利用できるのは工数でも非常にメリットがあると思います。

マイクロサービスとkeycloakについては、以下の記事が非常にわかりやすかったです。

最後に 〜 一緒に働く仲間の生産性を高くしたい! 〜


本当はSaaSを利用したいのですが、様々な制約で利用が難しいのが実情です。
そこで安く早くデジタルなワークスペースを構築するにはOSSを利用することもベターな選択だと思います。

また、上記のOSSは色々な技術要素が含まれているので、インフラエンジニアではない私も苦労はしたもののそれなりに知識をアップデートできました。

コロナの影響で世界的に働き方が激変した今だからこそ、
エンジニアとして今までと違う新しい働き方を実践するチャンスと捉えて、
OSSを活用してみてはいかがでしょうか。

私としては、今回ご紹介したOSSを利用することで、一緒に仕事をしている仲間の働き方がより生産性の高いものとなるようにアーキテクトとして支援していこうと思います。

●●●


記事を最後までご覧頂きありがとうございました!


パーソルP&Tにご興味を持っていただけた方に、イベント開催情報やブログの更新情報をお届けいたします。今すぐの転職は考えていなくても少しでも興味をお持ちいただいた方は、SNSをフォローする感覚でご参加いただければと思います。

 

はじめまして!

はじめまして。パーソルプロセス&テクノロジー システムソリューション事業部 中途採用グループです。

 

私たちパーソルプロセス&テクノロジー システムソリューション事業部(通称SSOL/「えすそる」と読みます)では、現場ではたらく人々の生産性向上支援を目的としたITコンサルティングからシステム構築、運用保守まで、ワンストップサービスを提供しています。

 

下記でも社員インタビューなど様々な情報を発信しておりますので、よろしければぜひご覧ください。

https://note.com/ppt_hr

 

さて、こちらのはてなブログでは、私たちSSOLに所属するエンジニアが日々学んだこと、仕事内容、業務のお役立ちTipsなどを発信していく予定です。

 

今後、こちらで様々なエンジニアによる記事を投稿していきますので、是非チェックしてみてくださいね。